DSpace
 

Soka University Repository >
文学部 >
創大中国論集 >
第08号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/656

タイトル: "3+1合作模式"朕合刅学的介紹与回顧
その他のタイトル: Introduction and review of cooperative schooling on "3+1 cooperation model"
著者: 佐藤, 素子
SATO, Motoko
サトウ, モトコ
発行日: Mar-2005
出版者: 創価大学文学部外国語学科中国語専攻
抄録: 2004年9月,在中国上海挙行的"中日留学生教育学術研討会"上,由中国武漢大学留学生教育学院的朱徳君老師発表了題為《武漢大学与日本創価大学"3+1合作模式"情況分析》的論文。此論文針対日本創価大学文学部外国語学科漢語専業(以下筒称"漢語専業")与武漢大学留学生教育学院12年以来聯合進行漢語教学的実例,从日中聯合刅学的中方武漢大学留学生教育学院角度,以大量的具体数据為依据,対此進行了分析与総結,并提供了両個国家大学之間拓展此模式的可行性依据,同時対此模式実施中所存在的問題提出了新的課題。"3+漢語教学模式"
URI: http://hdl.handle.net/10911/656
出現コレクション:第08号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00004856559.pdf405.43 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。