DSpace
 

Soka University Repository >
看護学部 >
創価大学看護学部紀要 >
第1巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4720

タイトル: Learning Experiences with Active Learning Method Applied during the Early Years of Undergraduate Nursing Students :Through Global Nursing Training Course in the Philippines
著者: 忍田, 祐美
佐々木, 諭
OSHIDA, Yumi
SASAKI, Satoshi
キーワード: active learning
global nursing
undergraduate nursing education
self-directed learning
アクティブ・ラーニング
国際看護
看護教育
自立的学習
発行日: 1-May-2016
出版者: 創価大学看護学部紀要編集委員会
抄録: Purpose: The purpose of this study is to describe the experiences of the first year undergraduate nursing students in a Japanese private university. It illustrates their progress in learning through participating in sequential steps in preparatory studies with active learning methodology in the Global Nursing Training Course held in the Philippines in March 2014. Methods: All of the study participants (N=28) were 1st year undergraduate nursing students including four male and 24 female students between the ages of 19 and 35 who participated in the global nursing training course in the Philippines. They have voluntarily applied for the program and all of them were selected. Result : Analysis of active learning reflective journals demonstrated the learners’ progress in three phases, preparatory, in the field, and post-training course. Study results illustrated that use of active learning strategies led to gain in knowledge, critical thinking, behavioral modification, and motivation, and willingness to challenge avoidant behavior of the learners. The sequential steps of preparatory study helped the learners to overcome difficult tasks and to set goals that reflect their future desires. Conclusion: Data from participants’ reflective journal demonstrated changes in study attitudes, sense of self, and the significance of having real involvement as global nurses. Although implementation of active learning strategies requires planning and effort by both students and teachers or mentors, this study has documented benefit from starting in the early stages of the undergraduate program to maximize benefits such as critical thinking and self-reflection as students continue their nursing education. 研究目的:本研究の目的は、日本の某私立大学看護学部学士課程初年次に学ぶ看護学生の経験を記述する 事である。2014 年3 月にフィリピンにて行われた国際看護研修の参加者が、研修事前学習より研修に至る までのシークエンスによる学びの中で、どのように学びが進んだかを記述する。 研究方法:国際看護フィリピン研修に任意参加した看護学生1 年生28 名(19 歳から35 歳までの4 人の男子 学生と24 人の女子学生) 全員が本研究の参加に同意したため研究対象者とした。 結果:学習者はアクティブ・ラーニング法を用いた学習経験を通して、関連知識を増やし、批判的考察能 力を高め、学習に対するモチベーションを向上させ、困難な課題を避けずにチャレンジする学習態度へ変 容したことが明らかになった。事前研修より研修に至るまでのシークエンスによる学びの深化が、学習者 がより高いレベルの課題を乗り越える力を高め、将来の志を果たすための目標形成を促した。 結論:国際看護学フィリピン研修の参加者らの記述したポートフォリオから、学習に対する態度の変化、 自尊心の変化、そしてグローバル・ナースとして実践することの重要性を感じていることが明らかになっ た。アクティブ・ラーニングにおいては学習者と教育者の双方からの働きかけを必要とするが、先行研究 において指摘されているとおり、学士課程教育の初期における取り組みが、学習者の批判的考察能力、振 り返り考察する力を高め、初年次以降の看護教育の理解を深めることを促すと考えられる。 キーワード:アクティブ・ラーニング、国際看護、看護教育、自立的学習
URI: http://hdl.handle.net/10911/4720
出現コレクション:第1巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
OSHIDA_SASAKI先生論文.pdf629.86 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。