DSpace
 

Soka University Repository >
教育学部 >
教育学論集 >
第67号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4623

タイトル: ドイツの学校におけるいじめに関する議論 主要な想定とそれらの盲点
その他のタイトル: The Discussion about School Bullying in Germany Main assumptions and blind spots
著者: ブロック, ミヒャエル
BROCK, Michael
発行日: 31-Mar-2016
出版者: 創価大学教育学部・教職大学院
抄録: ドイツにおけるいじめに関する議論はきわめて一面的に展開している。いじめ現象 の記述と説明はほとんど個人的かつ心理的な観点から試みられているが、それとは別 の理論的なアプローチが欠如している状態である。一般的かつ標準的な調査方法とは 異なる方法の提案も同様にほとんど見られない。  この研究の目的はこうした盲点を指摘することにある。そのためには、まずはドイ ツにおける中心的な理論の基礎的な想定を、そしてその歴史的な展開の背景をスケッ チする。これに引き続いて、いじめに関するさらなる理論的な展開に言及することに する。そしてそれを踏まえて最後の課題であるが、これらの見解の盲点が探究される ことになる。
URI: http://hdl.handle.net/10911/4623
ISSN: 03855031
出現コレクション:第67号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Michael_Brock先生論文_抜刷用.pdf722.83 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。