DSpace
 

Soka University Repository >
文学部 >
創価大学ロシア・スラヴ論集 >
第09号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4558

タイトル: 『戦争と平和』から『アンナ・カレーニナ』へ : レフ・トルストイの作品における子供の特質と愛の形象の変容
その他のタイトル: От “Войны и мира” к роману “Анна Каренина” : эволюция “детского” и образа любви в творчестве Л.Н. Толстого
著者: 覚張, シルビア
КАКУБАРИ, Сильвия
発行日: 31-Mar-2016
出版者: 創価大学ロシア・スラヴ学会
URI: http://hdl.handle.net/10911/4558
出現コレクション:第09号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
rs009-017.pdf791.3 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。