DSpace
 

Soka University Repository >
文学部 >
日本語日本文学 >
第26号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4556

タイトル: 投書を利用したディスコース・レベルの段階的文章指導 : 牧口常三郎の「文型応用主義」を手掛かりとして
その他のタイトル: Graded Academic Writing Instruction of the Discourse Level Using a Contribution : “The Principle of Tsunesaburo MAKIGUCHI Discourse Pattern Application” as a Clue
著者: 小山, 貴之
KOYAMA, Takayuki
キーワード: 結束性
一貫性
発行日: 20-Mar-2016
出版者: 創価大学日本語日本文学会
抄録: 牧口常三郎の「文型応用主義」の考え方を手掛かりに、投書を利用したアカデミック・ライティングの段階的指導モデル(試案)を提案した。このモデルは、「文章構造」「一貫性と論理性」「結束性」を指導の核として、字数や談話展開の難易度を徐々に上げながら、ディスコース・レベルの文章作成技能を習得させようというものである。また、「文章構造」の指導においては、牧口の「応用範文」による指導を取り入れ、「一貫性と論理性」「結束性」の指導においては、「配列のパターン化」「文構造と結束性の関係」など、従来、あまり取り上げられなかった観点からの指導ポイントを示した。
アカデミック・ライティング
URI: http://hdl.handle.net/10911/4556
出現コレクション:第26号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
nn26-073.pdf862.57 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。