DSpace
 

Soka University Repository >
文学部 >
日本語日本文学 >
第26号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4553

タイトル: 「対話」の視点からみる学生の自己変容 : 中国の日本語教育の実践例をもとに
その他のタイトル: Learners' Self-Positioning from a Dialogic Perspective : An Exploration of Japanese Teaching Pedagogy in China
著者: 李, 暁博
LI, Xiaobo
キーワード: バフチン
自己
変容
構成主義的授業
発行日: 20-Mar-2016
出版者: 創価大学日本語日本文学会
抄録: 本稿は、「自己」を、他人との対話の中で構築され、可変し、交渉されるものだと捉える上で、筆者が中国で行った構成主義的日本語の授業を履修した一人の大学生の自己変容のストーリーを叙述し、バフチンの「対話」という視点から分析を試みた。本研究の意味は、人間の自己変容のプロセスを「対話」の視点から解釈する可能性を提示したのみならず、教師は本当の意味の「学びの共同体」に学生たちを参加させれば、学生たちの変容が驚くほどに起きるという可能性を見せてくれたところにもあろう。
対話
URI: http://hdl.handle.net/10911/4553
出現コレクション:第26号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
nn26-055.pdf908.12 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。