DSpace
 

Soka University Repository >
教育学部 >
創大教育研究 >
第25号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4420

タイトル: 職業生活への円滑な移行に向けた効果的な進路指導の在り方 : 知的障害特別支援学校高等部における「個別の進路指導計画」「個別移行支援計画」の活用
著者: 山内, 俊久
キーワード: 個別の進路指導計画
個別移行支援計画
産業現場等における実習
発行日: 31-Dec-2015
出版者: 創価大学教育学会
抄録: 知的障害特別支援学校高等部生徒の職業生活への円滑な移行を妨げる要因として,本人の仕事へのミスマッチ,本人を取り巻く人的な職場環境の変化,そして本人の職業生活を支える家庭環境の変化等がある。知的障害のある生徒にとって,将来,起こりうるそれらの変化をあらかじめ予測し,その対応策を準備しておくことが円滑な移行につながる。知的障害特別支援学校高等部の進路指導(卒業後のアフターケアーも含む)は,「産業現場等における実習(以下,「現場実習」とする)」を軸にして進められている。ゆえに在学時の進路指導は,卒業後の生活設計を見据えて関係諸機関との緊密な連携のもとに進める必要がある。本研究では,「個別の進路指導計画」及び「個別移行支援計画」を作成・活用した事例を基に,職業生活への円滑な移行に向けた効果的な進路指導の在り方を考察した。
内容記述: 研究ノート
URI: http://hdl.handle.net/10911/4420
出現コレクション:第25号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
skk25-001.pdf769.36 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。