DSpace
 

Soka University Repository >
大学院(専門職課程) >
法科大学院 >
創価ロージャーナル >
8 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/4360

タイトル: マンション管理組合とその後に法人化された管理組合法人間の,実体法・訴訟法の主体としての同一性についての一考察 : 最判平13・03・22(平成10年(オ)第127号/管理費等請求控訴,同附帯控訴事件)金融法務事情1617-39での判断と平成14年改正後の取扱との比較 (拙稿: マンション管理センター通信「法律のひろば」2015年1月号20頁以下。全国マンション問題研究会報告事項)を契機として : 2014年度創価大学LS教員研究報告会資料
その他のタイトル: Who should be entitled to claim for the delinquent charge of the conmon interests : unit owner, condominium manager, unincorporated managing association, or incorporated managing association?
著者: 花房, 博文
Hanafutsa, Hirofumi
発行日: 25-Mar-2015
出版者: 創価大学法科大学院
URI: http://hdl.handle.net/10911/4360
出現コレクション:8

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lj8-193.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。