DSpace
 

Soka University Repository >
日本語・日本文化教育センター >
創価大学別科紀要 >
第21号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/3205

タイトル: 創造的日本語教育試論 : 『創価教育学体系』に学ぶ言語教育のあり方
その他のタイトル: Toward the Creative Japanese Language Education : Language Education based on The Theory of Value-Creation Pedagogy
著者: 山本, 忠行
YAMAMOTO, Tadayuki
キーワード: 牧口常三郎
学習指導主義
教育技師論
人間主義
綴り方
発行日: 31-Mar-2011
出版者: 紀要編集委員会
抄録: 牧口常三郎(1871~1944)の『創価教育学体系』および「綴り方指導」に関するいくつかの論文を主な手がかりとしながら、言語教育のあるべき姿について考察した。19世紀末に起こった言語教育改革運動の本質は、文法や語句の知識をもとに翻訳するだけでは外国語の運用力が身につかないという点にあった。これは知識伝授型教育の改革を目指した創価教育学との共通点である。また、教育の目的を生徒の「幸福」に置く創価教育学は創造的日本語教育、人間主義の日本語教育の思想的基盤となる。
URI: http://hdl.handle.net/10911/3205
出現コレクション:第21号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
bk21-007.pdf1.53 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。