DSpace
 

Soka University Repository >
日本語・日本文化教育センター >
創価大学別科紀要 >
第19号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10911/2819

タイトル: 小説『雪國』における象徴表現としての自然(昆虫・鳥・植物)と作中人物
その他のタイトル: The Nature as a Symbolic Expression in the Novel "The Snow Country" and the Characters in This Work
著者: 鈴井, 宣行
SUZUI, Nobuyuki
スズイ, ノブユキ
創価大学
SOKA UNIVERSITY
発行日: 2008
出版者: 創価大学別科日本語研修課程
抄録: 川端作品については多くの研究がなされてきているが、「自然」に関するものも同様である。中でも羽鳥(1985)の「『雪国』における自然」は筆者に多くの影響を与えたと言ってよい。本稿では、その「自然」の中でも具体的に「昆虫・鳥・植物」を取り上げて、川端が抱く「自然」に対する畏敬の念の中に存在する「男」と「女」の関わりと自然の象徴として描写されている昆虫、植物などの作品中における役割を分析しながら、象徴としての自然と作中人物の関わりを考え、本作品に対して如何なる効果を呈し、如何なる役割を演じているのかを考察してい
URI: http://hdl.handle.net/10911/2819
出現コレクション:第19号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00005435384.pdf676.28 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。